社会の中の理学療法

医療界や介護領域で日々活躍している理学療法士。患者様や利用者様を中心に、多くの他職種とそれぞの専門領域を尊重し、また助け合いながら目指す医療や介護を提供しています。
皆さんは現場と同じで社会的な立場も、看護師も理学療法士も同じだと思っていませんか?

 

理学療法士の社会的な立場とは?

 

 

 医療界や介護福祉業界で働いていると、「理学療法士は何をする人?」と聞かれたことが、みなさんもあることと思います。はじめに「理学療法士」ありきで話しかけてもらえば、その業務の内容やどういった活動をしているのか話したりしますね。ですが、もし「あなたは何をしている人?」と問われたら、あなたはどうのように答えるでしょうか?

 

 一般の社会で出会う人達は、あなたが何者かわかりませんから、「何のお仕事をされていますか?」「どういう関係のお仕事ですか?」などと聞かれます。また、国勢調査やクレジットカードを作るときのように、「社会の中での立ち位置、立場」を要求される場合もあります。「理学療法士です」とお答えになる人もいらっしゃることでしょう。でももっと大きい枠組みであなたを表現したい場合、あなたはどういう社会的な共通語で括られるのでしょう。医療従事者でしょうか?サービス業者でしょうか?

 

 

 

社会の中で理学療法士はどこにいる?(小分類で表記される理学療法士)

 

 

 職種の分類には沢山の種類があり、それぞれの業界でいろいろな資格を持っている人達が一緒に働いています。また資格で分けなくとも、社会的にどのような地位にあるのかで分類したりもします。ひとつひとつの職種で分類すると、とても多い数になるでしょうから、簡便にするため職種をいくつかの分類に分けてあります。
 その一つに「日本標準職業分類」という分け方があります。

 

 日本標準職業分類は、10の大分類に分けられ、理学療法士は「A.専門的・技術的職業従事者」に含まれます。そして中分類の「医療技術者」の中にある小分類のひとつです。
 ちなみに、医師や看護師は、私達が含まれる「医療技術者」と同列にある中分類でその職種名が表記されるのです。鍼灸師やあんまマッサージ指圧師等は中分類で「その他の保健医療従事者」に含まれています。

 

 

あなたはどこで働いていますか?(産業ではなかった理学療法)

 

 

 社会の中で働いているということは、何かしらある業界で働いていることになります。その業界を「産業」という視点から分類したものが社会一般では使われます。では、あなたは社会一般で「業を産んで」いるのでしょうか?

 

 またひとつ分類があります。それは「日本標準産業分類」といいます。今度の大分類は例えば農業、林業、製造業や建設業などです。さて、「理学療法業」はどこにあるのでしょうか?
 答えは、残念ながら「ありません」。
理学療法は産業として位置付けられていませんので、理学療法業という項目はありません。

 

 仮にあなたが一般病院で働いていたとします。そうすると大分類の「医療、福祉」の中で「医療業」という中分類になります。そして、もっと小さく「病院」という項目から更に細かく「一般病院」という産業に従事しているわけです。産業分類には理学療法業という産業はないのですから、あなたは何かしらの産業に入って行き、その括られた産業を成り立たせるためのお仕事をしているのです。

 

 理学療法士のことが分かったところで、他の職種もやはり、一般社会で産業を持っていないのでしょうか?

 

 

看護師や鍼灸師は持っている、自分の産業

 

 

 あなたと共に医療に携わる看護師は、実は一般社会の中で社会的に通用する産業をもっています。それは中分類で「助産・看護業」と言います。病院等で働く看護師はここには含まれません。看護業には訪問看護ステーションがあります。訪問看護業務はれっきとした社会一般で通用する「産業」なのです。また、鍼灸師等は「療術業」という産業で社会に貢献しています。ちなみに、カイロプラクティック療法もなんと「その他の療術業」として産業化されています。

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士が理学療法をなりわいに、
県民や国民が安心して生活をして出来るように望んでいます。
そのために、私達理学療法士が出来ることを余すことなく、社会サービスとして提供できるよう、連盟は理学療法士そのものを支援しています。

 

広島県理学療法士会と広島県理学療法士連盟の関係

何が出来て何が出来ないのだろう?

ここでは「できること」と「できないこと」をご提示して,広島県理学療法士会(以下,PT会)の立場を明確にしてみます。意外と制限されることが少ないことに気づかれるのではないでしょうか。
ここをご理解いただくと,理学療法士の方が迷わないで、広島県理学療法士連盟(以下,連盟)に入会できることになると思います。

 

許されている政治活動→PT会と連盟

PT会は,現在「公益社団法人」を目指していますが,そもそもこの組織には「政治活動」が許されています。では,この「明確にする部分」,すなわち「政治活動」とは何ですか?ということになるでしょう。
では以下には,埼玉県理学療法士会「理学療法(臨床・研究・教育)第16巻1号p7-9」の冊子より抜粋いたします。

 

「PT会に許される政治活動」

「政治活動」,すなわちPT会が行う活動は,

 

@○○連盟との意見交換
A政治家に要望書を提出し,その実現に向けてお願いをする
B広報活動を通じて自ら必要と思う政策の提言を行う
C協力議員のパーティー券を購入する
D議員のセミナーに参加する
E政策集会やデモ行進を主催したり,それに参加したりする
F政策会議として連盟の強化策・活性化策検討会議に要する交通・宿泊費等の支給
G政策会議として全国の都道府県代表を集めた会議に要する交通・宿泊費等の支給
H政策の啓発として政策周知者の全国講演活動に対する交通・宿泊費等の支給
Iその他,選挙活動以外の全ての活動

 

まとめると,PT会では「自らの行っている活動のために必要な政治的行動は選挙活動以外,何でもできる」ということです。

 

連盟だけが出来る活動。それが「選挙活動」

一方の「選挙活動」,すなわち連盟が行う活動は,

 

1.特定候補者の街宣活動に参加する
2.選挙期間中の推薦ハガキの推薦団体となり郵送する
3.選挙期間中に行われる「○○氏の必勝を祈念する会」などを主催する
4.政治献金

 

です。ここだけは,PT会で行ってはいけないことになります。

 

両輪のごとく

 共通して言えることは,政治活動=政策提言を含めた活動はPT会と連盟が「両輪のごとく」同じ方向に向って歩みましょう,と言うことです。
 具体的には,PTの待遇や利益を最低限維持しまたは改善することで,PTが安心して働ける環境を確保することにつながります。この私達の立場を守り改善していくことこそが,県民に対して質の高い理学療法を提供することにつながると考えます。このようなPT会の目的を達成するために,連盟が議員さんの手助け(=選挙活動・応援)を行うことによって,私達の掲げる課題を解決していただこうということにつながります。ここが,PT会が進む方向に,連盟も黒子のように同じ方向に進んでいく,という両輪の関係を意味します。

理学療法士等問題を考える議員連盟

                                      理学療法士等を応援する議員の連盟です                                      

政治的な働きかけによって,これまで考えられなかったことをご紹介いたします。まず,平成20年4月,政権与党を担う自由民主党所属の国会議員による「理学療法士等問題を考える議員連盟」が発足しました。

 

その目的は、

 

1.理学療法士等に関する施策の充実

 

2.資質の向上

 

3.処遇の改善

 

を強力に推進する

 

ことが会則に掲げられています。

 

 

                                         広島県の国会議員も入会されています                                         

広島県では、私たち理学療法士を応援されている国会議員の方が2名いらっしゃいます。
                                           平成21年6月現在。
岸田 文雄 衆議院議員(自由民主党;広島1区)
寺田 稔   衆議院議員(自由民主党;広島5区))
溝手 顕正 参議院議員(自由民主党)

 

これからも、理学療法士のことやリハビリテーションのことをご理解頂き、国政の場で国民のリハビリテーション環境をよりよくしていただきたいと思います。

年会費自動引き落とし手続きのお願い

平成25年7月28日

広島県理学療法士連盟
各会員さま

広島県理学療法士連盟

会長 梶村政司

 

年会費自動引き落とし手続きのお願い

 

平素より広島県理学療法士連盟の活動にご理解を頂きましてありがとうございます。
本連盟は,各会員からの年会費によって,活動をさせて頂いております。しかし,毎年会費の納入につきましては,滞納者や未納者が出て活動に支障を来たしています。
そこで,年会費の入金方法を再検討し,元来の勉強会などでの手渡しによる納入,または銀行口座への振り込みによる納入の方法でなく,次年度から銀行の機関口座での自動引き落としによる納入方法を総会で承認されました。

 

つきましては,会員におかれましても下記の利便性をご考慮頂き,是非お手続きして頂いて,本学会の円滑な運営にご協力頂きますよう,よろしくお願い申し上げます。
《自動引き落としの利便性》
1.一度お手続きをして頂くだけで,以降はご指定の金融機関口座から自動的にお支払い頂けます
2.自動引き落としのため,その都度金融機関等へ出向く必要がなくなります
3.支払日を気にかける必要がありません

 

《お手続き》
1.会員さまで窓口へ行かれる際には,金融機関に届け出の印鑑を持参された上,自動引き落とし申し込み書の所定欄に記入し,お手続きを行って下さい。
  記入例はこちら
  また,会員さまが直接窓口へ行けない場合には,こちらの別紙にお手続きの方法を記載しております。
2.受け取り口座名
広島銀行 広島市役所支店 普通 3033420
広島県理学療法士連盟 代表 梶村政司
(ヒロシマケンリガクリョウホウシレンメイ ダイヒョウ カジムラマサジ)
3.自動引き落とし指定日
1月14日(金融機関が休日の場合は翌日)
4.手数料  本人負担になります。
なお,該当銀行の詳細は会員さまでご確認をお願いします。
広島銀行(自店宛,本店宛)105 円
ゆうちょ銀行525円
広島信用金庫420円
もみじ銀行630円

みずほ銀行420円
三井住友銀行525円
りそな銀行600円

 

5.領収書が必要な場合は下記事務局までご連絡下さい。
広島県理学療法士連盟事務局 幹事長 平石勇次
〒734-0004 広島市南区宇品神田4 丁目1-17-202  info pt-hiroshimarenmei.gr.jp(infoとptの間にアットマーク)